写真を撮ろう  ソニー:サイバーショット DSC-RX100

カメラについて   ソニー:サイバーショット DSC-RX100

「写真を撮ろう」のトップへ戻る
 今まで使っていたリコーのGR-Vが、カミさんに取られてしまった。
新しいコンパクト・デジカメを捜していたところ、ソニーから魅力的なカメラがでた。
何が凄いかって、大型1.0型(13.2×8.8mm)のCMOSセンサーを新開発したというのだ。

 デジカメは、フィルムの代わりにデジタルの感光部をもっている。
この感光部をCMOSセンサーというらしいが、その大きさが今までのデジカメとは、比べものにならいくらいに大きいという。しかも、2020万画素だという

ソニーのサイバーショット DSC−RX100
ソニーのサイトから

 フィルムの大きさが大きくなれば、同じ大きさの写真にしたとき、それだけ粒子が細かくなり、シャープできれいな画面になる。
それと同じで、デジカメではCMOSセンサー(普通はCCDセンサーと呼ぶ)が大きいほうが、滑らかな写真にあがってくる。

 どのくらいの違いがあるかというと、下の写真のような具合である。
真ん中がDSC−RX100のCMOSセンサーで、両側が今までのコンパクト・デジカメのものだ。
ボクのお気に入りだったリコーのGR-Vも、1/1.7型のCCDセンサーを使っていた。
これだけ大きさが違えば、さぞ滑らかな写真になるだろうと期待した。

 そのうえ、レンズには大口径F1.8カールツァイス「バリオ・ゾナーT」を使っていると言うから、いやが上にもきれいな写真が撮れるだろうと思ったのだ。
なにせカールツァイスといえば、レンズの名門中の名門である。
デジタル・カメラであっても、光はレンズを通して入ってくる。
レンズの善し悪しが、写真の上がりを大きく左右する。
レンズこそカメラの命だった。
かつてはニッコールといえども、カールツァイスの足元にも及ばなかった。
そのくらい有名なレンズだった。
優れたレンズに、大きなCCDセンサーとくれば、もう素晴らしい写真が撮れるだろうと思ったのだ。

 リコーのGR-Vは単焦点レンズだが、DSC−RX100は光学3.6倍のズームだという。
広角28mmから中望遠100mmまでをカバーするのだ。
広角側はレンズ前5センチまで寄れる。
100mmまで望遠が効けば、そうとうに有効である。
もう良いことずくめではないか。

 しばらく写真雑誌を立ち読みして、どうしようか迷っていた。
じつはリコーのGR-Wを買おうかとも思っていたのだ。
リコーのGRというカメラは不思議なカメラで、とくべつに高性能なスペックを持っているわけではない。
にもかかわらず、暖かく良い写真が撮れて、何となく愛着がわくカメラなのだ。

 しかし、GR-Vはカミさんが使っているから、あえてGR-Wを買うこともないだろうと思った。
とうとうDSC−RX100を買ってしまった。 

    小さい!   これがまず第1の感想。大きなCCDセンサーを搭載すれば、ボディも大きくなりそうだが、じつにコンパクトに仕上がっている。
黒いアルミ製で、すべすべの仕上げで滑りやすく、ちょっと小さすぎて右手で握るのが大変なくらいである。
右手に馴染むようなグリップが、サードパーティから市販されているので、近々グリップを買おうかと思う。

 今までのように、アダプターにバッテリーを入れて充電するのではなく、カメラ本体を通してバッテリーを充電する。
予備のバッテリーを充電するにも、本体にバッテリーを入れなければならない。これは便利なのだろうか。
ふつうの充電器もあるというが、別売りで改めて買わなければならない。
 

NP-BX1
 小さなボディに高性能を詰め込んだカメラで、いかにも機械屋さんの作ったカメラという感じがする。 
まだ使い始めて日が浅いので、細かいことは判らないが、写真の写りもシャープで、機械屋さんの作った外観通りの写りである。

 昼間に撮っていると、高性能ぶりはそれほど感じないが、夜景を写すと俄然と素晴らしさを発揮する。
暗さにつぶれることなく、暗い部分までじつにシャープなのだ。

 リコーのGR-Vはカメラ好きが作ったカメラで、持っているだけで嬉しくなる感じがして、愛着がわいてきた。
それに対して、このDSC−RX100は機械的なクールさが売り物だろうか。
無機質なクールさを好む人には、大歓迎のガジェットだろう。


ちょっとしたヒントになるかも
 バッテリーの消耗が激しいので、必ず予備のバッテリーを持って行ったほうが良い。設定にもよるのだろうが、撮った写真を確認するときに残量表示がされ、バッテリーの残量がつねに表示されるわけではない。そのため、突然にバッテリーが無くなりましたと言う表示がでて、まったく動かなくなってしまう。予備バッテリーがないと、まったくお手上げとなってしまうので、予備バッテリーは必携だろう。純正のバッテリーは定価で¥5,880−もするが、サードパーティーのものなら¥500−くらいで買えるので、当然にこちらを買った。
「写真を撮ろう」のトップへ戻る