写真を撮ろう  露出を考える

カメラについて    露出を考える

「写真を撮ろう」のトップへ戻る
 露出ってなんか難しそうですね。
たしかにフィルム・カメラの時代には、露出が間違っていると良い写真が撮れませんでした。
しかし、最近のデジカメは全自動(=オート)の時代です。
露出など考えなくても、良い写真が撮れます。
 
図−1  露出を決める関係は上の図のようになっている

 露出は難しくないので、ちょっとだけお付き合い下さい。
露出とは、あらわすとか、陽にさらすとかって意味です。
つまり、カメラの感光部にどれだけ光を当てるか、それを調節するのが露出です。

 露出の調節は、<絞り>と<シャッター・スピード>で行っています。
絞りとシャッター・スピードの関係で、決まる数値を露出値と言います。
ISO感度>という要素も関係していますが、これはフィルムの特性でした。
デジカメになってカメラの機構にとりこまれたのです。
ですから別にして、いちばん最後に考えます。

 カメラに光を入れないために、シャッターはいつも閉じています。
写真を撮るときだけ、シャッターを開くのですが、ゆっくり開閉すればたくさん光が入り、はやく開閉すれば、少ししか光は入りません。

 明るいところで撮影するには、はやいシャッター・スピードを使い、暗いところで撮影するにはおそいシャッター・スピードを使えば良いわけです。

 シャッター・スピードを速くするにも限界があります。
明るいところでは、カメラに入る光を少なくしてやれないかと考え、その解決策が絞りというメカニズムです。
絞りという名のとおり、光の入る量を絞ってしまう機構です。

 絞りとシャッター・スピードの2つしかないのだから、簡単じゃないですか。
明るかったら、絞りを絞って、シャッター・スピードを上げる。
暗かったら、絞りを開いて、ゆっくりしたシャッター・スピードをつかう。
これだけです。
図−2  絞った状態
   明るい場所で撮影するとき
図−3  はやいシャッター・スピード
   はやく動く物を撮影するとき
特徴:シャッター・スピードがおそいと、
カメラブレがおきやすい

特徴:絞りを開いていると、
ピントの合う範囲が狭く、周辺部が
ボケた写真になりやすい
 絞りとシャッター・スピードは、別々に働かせることができます。
これがちょっと厄介ですが、別々に動かすことで光のコントロールが自由にできます。

 左の図−2 は、絞りを絞ったときを表しています。シャッター・スピードはおそいままです。
図−3 は、絞りは開いたまま、シャッター・スピードを速くしたときを表しています。

 
図−2 と 図−3 では、同じ光の量が入ると思いませんか。
たとえば、絞りを F11 に絞り、シャッター・スピードを 1/2 に遅くしたときと、絞りを F1.4 に開いてシャッター・スピードを1/125 に速くしたときでは、光のはいる量は同じなのです。
絞り値(F値)とシャッター速度によって決まる露出の度合いは、露出値(EV値)といっています。

 絞りを固定したまま動かさずに、シャッター・スピードだけで露出を調節するのが、<絞り優先>というモードです。
明るいところで撮影するときには、光が入りすぎますから、シャッター・スピードを速くして光の量を制限します。
反対に暗いところでは、光が足りませんから、シャッター・スピードをおそくして、光をたくさん取り入れてやります。

 反対に、シャッター・スピードは固定したまま動かさずに、絞りだけで露出を調節するのが、<シャッター・スピード優先>というモードです。
速く動くものを撮影するのには、速いシャッター・スピードが必要です。
そこで速いシャッター・スピードに固定しますが、このままでは光が不足します。そこで、絞りを開いて光の量を増やします。
これで明るくても暗くても、また速い物でも撮影できるように露出を決めることができます。

 レンズには被写界深度という特性あって、絞りを変えるとピントの合う範囲が変わりますので、被写界深度のページを見てください。

最後に、ISO感度の話です。
 どんな状況でも、露出は<絞り>と<シャッター・スピード>で決まります。
ですから、明るく写る高感度のフィルムを使っても、光に鈍感なフィルムを使っても、いずれも露出は<絞り>と<シャッター・スピード>で決まります。
ふつうのフィルムは ISO感度が 100でしたが、高感度フィルムは <ISO感度>が高く、800とか1600といった数字で表されます。

 デジカメになって、カメラ内の感光部に感度の違いを調節できる機構を組みこみました。
そのため、高感度に設定したときには、露出は<より絞って>も良くなり、シャッター・スピードは<よりはやいシャッター・スピード>が使えるようになったわけです。

 <絞り>と<シャッター・スピード>をしっかりと押さえれば、話は簡単です。
左の図を見てください。
ISO感度の低いほうで撮影するか、高いほうで撮影するかの違いしかありません。
<絞り>と<シャッター・スピード>の関係こそ大事なのです。

 ISO感度を上げた場合には、カメラの感度が上がっています。
ですから、同じシーンを撮るなら、絞りをしぼるか、シャッター・スピードをはやくする必要がでてきます。
どのくらい変えるかは、カメラのモニターを見ながら調節してください。

 高感度に設定すれば暗さに強くなりますが、粒子が荒れて写真が汚れる現象をデジカメも引き継ぎました。
デジカメでは粒子を使ってないので、デジカメ写真が汚れる現象をノイズを拾うと言います。 

名称 感度
低感度フィルム 25〜64
普通感度フィルム 100〜200
高感度フィルム 400
超高感度フィルム 800〜3200
 普通感度フィルムは、暗いところでもそれなりに撮れます。
また、粒子も荒れないから、もっとも多く普及していました。
その特性はデジカメになっても引き継がれています。

 ポートレートやスナップ、記念写真など動きの少ないものを被写体にするときなど、一般的にはISO感度を100〜200に設定するケースが多いようです。

 低感度に設定するのは、自然の樹木や、花、静物など動きのない物や人をキレイに撮影するときですね。
粒子が荒れても、暗さに強いことを優先するときには、ISO感度を 800 くらいに上げるのも良いかも知れません。

ちょっとしたヒントになるかも
 インパクトを与える写真は、何を撮影したかが明確である必要があります。
現在のデジカメは、カメラが適切な露出を決めてくれます。しかし、白い背景だったり、黒が多い場面など、カメラは苦手です。
そこで、露出補正をしてみましょう。
「写真を撮ろう」のトップへ戻る