写真を撮ろう  IOS(イソ)感度って何?

撮影のとき    IOS(イソ)感度って何?

「写真を撮ろう」のトップへ戻る
 カメラに付きものだった絞りの悩みも、シャッター・スピードの選択も、難しいピント合わせも、全自動(=オート)モードが、解放してくれました。
これらはカメラの進歩と言う他はありません。
しかも、ISO感度が広くなったので、撮影の自由度はますます上がった、と言われます。
絞りなどのメカニズムがが、カメラの進歩だとすれば、ISO感度はフィルムの問題です。

 ISO感度は数字の大きいほうが暗さに強い。
    
ISO感度の粒子と暗さはバーターの関係にある。

 ふつうのフィルムは、ISO感度が100でした。
それが高感度フィルムとして、コダックのT−Maxなどが400で売り出されました。
400のフィルムは、暗さに強いということで、撮影の自由度が広くなりました。
ちなみに、光に対して、感度が ISO 200 のフィルムは、 ISO 100 のフィルムより、2倍敏感です。

 光に敏感で暗さに強いのは、良いことのように感じます。
しかし、良いことばかりではなかったのです。
ISO感度の高い、つまり暗さに強いフィルムは、粒子が粗いという欠点をもっていました。

 暗さに強いのを優先するか、くっきりした細かい粒子をとるか、二者択一でした。
そこで、フィルム・カメラでは、ISO感度の違うフィルムを使い分けることで、暗さと粒子の問題に対応してきました。

 デジカメの時代になって、ISO感度がデジカメにも応用されてきました。
デジカメではフィルムに相当するのが、感光部に使われているイメージ・センサーといわれる撮像素子(CCDやCMOS)です。
この撮影素子についてもISO感度を流用して、イメージ・センサーの感度を、32、64、100、200、400、800、1600、3200といった数値で表します。
 フィルム・カメラのISO感度の特性を、デジカメも引き継いでいます。

つまり、ISO感度の数値が低いほど、滑らかでくっきりした写真が撮れますが、暗い所ではシャッタースピードが遅くしか対応できません。
そのため、手ブレ・カメラブレが起こりやすくなります。
反対に、数値が高くなるほど、暗い所でも速いシャッタースピードが可能になります。
しかし、ISO感度が高くなるほど、画像が粗くなり解像度が落ちてしまいます。

 フィルム・カメラの時代には、ISO感度はフィルムの問題でしたから、一度フィルムを装填してしまうと、途中で、フィルムを交換することができなかったのです。
1本のフィルムのまま、同じISO感度のフィルムで撮り上げなければなりませんでした。
しかし、デジカメになって、ISO感度もカメラの問題になりました。
つまり、感光部に使われているイメージ・センサーは、デジカメの内部に組みこまれており、取り外すことはできないのです。
 デジカメでは幸いなことに、撮影の途中でも一枚毎にISO感度を変えることができます。
ですから便利になりました。
撮影目的に応じて、きれいな写真を撮りたいときはISO感度を下げ、暗いところでの撮影には粒子の細かさは諦めて、ISO感度を上げます。

 フィルム・カメラは化学変化でフィルムを現像していました。
デジカメでは、イメージ・センサーが光を感じて、電気的に信号を増幅して映像化します。
ISO感度をあげることは、増幅の度合いを大きくすることであり、ノイズが発生してしまい、映像がざらついてきます。
 

ちょっとしたヒントになるかも
 ISO感度とは、国際標準化機構(ISO)で決められた写真フィルムの規格ですから、カメラのメカニズムの問題ではありません。
フィルム・カメラの時代は、ASA(アーサー)と言っていましたが、今では国際的に統一されて、ISO感度と呼ぶようになりました。
国際標準化機構(こくさいひょうじゅんかきこう、International Organization for Standardization)とは、電気分野以外の工業分野の国際的な標準である国際規格を策定するための民間の非政府組織です。
本部はスイスのジュネーヴにあり、スイス民法による非営利法人です。
「写真を撮ろう」のトップへ戻る