写真を撮ろう  ピカサをつかう

何を用意するか    ピカサをつかう

「写真を撮ろう」のトップへ戻る
 デジカメは、撮った写真を撮ったカメラで見ることができます。
しかし、写真を撮ったら、いつまでもカメラに残したままということは少ないでしょう。
多くの人は、デジカメについてきたソフトを使って、パソコンに取り込んで加工したりプリントしたりしますね。
もちろん、それでも良いのですが、他のソフトを使ってみたらどうでしょうか。

 
ピカサという無料ソフトが、とても使いやすいです。
    
Picasa社が開発したのを、Googleが無料公開した。

 ピカサというソフトは、お節介といえばお節介です。
自分のパソコンのなかにある写真を、すべて整理してくれるのですから。

 ピカサのページへ

上をクリックして、ピカサをダウンロードしてインストールするとすると、まずやるのは写真の整理です。
コンピューター内の全ての画像ファイルを検索して、フォルダー毎に自動で整理してくれます。
また、監視フォルダを設定すれば、新しく保存された画像ファイルを、自動的に取り込むことができます。

 つまりピカサとは、ハードディスクに入っているすべての画像を素早く整理して、 画像の修整や加工、共有、ムービーやCD作成ができる多機能な画像を管理するソフトです。
パソコン内のすべての画像のサムネールが作られて、いつでも表示か可能な状態にしてくれます。
フォルダーは、名前順、フォルダー作成順、更新順と変更可能ですし、フォルダー毎入れ替えも可能です。
サムネールをサァーとスクロールするだけで、欲しい写真をごく短時間で見つけ出すことができます。

 こんなことはデジカメ附属のソフトではやってくれません。
しかも、ピカサはフリー・ソフトで、無料で手に入りますから、これを使わない理由がありません。
 上の写真を、下のように加工しました。
暗かった写真も明るくなりますし、文字を入れたり、傾きを直したりも、簡単にできます。

 ピカサの良いところは、操作がとにかく簡単なことです。
加工前と、加工後を見ながら、ボタン1つで操作できます。
そのうえ、加工後の写真は、ピカサの中に保存されますから、元の写真をいつでも取り出させます。

 これでも足りないと言う人には、GIMPをすすめます。
GIMPは何でもできますが、取り扱いがちょっと難しいですよ。
暗い写真を明るく
文字を書きこみました
傾きを直しました

 フィルム・カメラの時代には、目の前のシーンを正しく撮影し、フィルムに撮れたままを尊重していました。

 フィルムの一部を切りとることをトリミングといいますが、トリミングして一部分だけを写真としてみせることは、下手な写真家がすることで馬鹿にされていたのです。
トリミングしていませんよ、という意味で、ノー・トリという言葉さえありました。
ですから、写真の加工などもっての他だったのです。
窮屈な時代でした。

 いまでは、自由に加工しています。
写真は現実を写しとっていますが、あくまで映像であって、現実ではありません。
写真にも撮った人の著作権が認められるように、写真には撮った人の感性が反映しています。
とすれば、写真を加工するのは、けっして悪いことではないでしょう。
上手く撮れた写真を、なお上手くするのが、映像加工ソフトです。

ちょっとしたヒントになるかも
 ピカサについては、使い方を解説したサイトが沢山あります。まず、
Picasa 3 (ピカサ 3)の使い方&ガイド
あたりはどうでしょうか。優しく解説していますよ。
「写真を撮ろう」のトップへ戻る