写真を撮ろう  ストロボ(フラッシュ)

何を用意するか    ストロボ(フラッシュ)

「写真を撮ろう」のトップへ戻る
 ストロボというか、フラッシュというか、パッと光らせる仕組みが、カメラに内蔵されているのもあります。
しかし、可能な限り、ストロボは使いたくないものです。
なぜか、撮れた写真が不自然になってしまうからです。

 
不自然にならないように、ストロボを使いましょう。
    
 屋外階段の裏側を撮りたかったが、空の光が入って真っ暗になってしまった。そこでストロボをとばしたが ……。


 カメラ任せの全自動(=オート)で撮影すると、たいていはキレイに撮れます。
これはカメラに内蔵された露出計が、自動的に明るさを計算して、適切な設定にしてくれているからです。

 暗いなと感じたら、ストロボを使うでしょう。内蔵ストロボをポチッと立ち上げて、カメラ任せでストロボを飛ばします。
このストロボはなかなか曲者で、思った通りに使えないことが多いものです。

 失敗しても大丈夫。
すぐに撮り直しましょう。
デジカメは撮った写真をすぐ見ることができるので、ストロボを使う時にはとても便利です。

 しかし、時々、被写体が暗く写っていたり、逆に被写体の色がとんでしまっていることがあります。
その理由は、カメラの内蔵露出計は、18%グレーの明るさを基準にしています。
白でも黒でも18%グレーに近い明るさに合わせようとするからです。
そのため、白っぽい被写体は暗くグレーがかって写りますし、逆に黒っぽい被写体は色が白っぽくトンでしまうのです。

 ストロボの光量を調整しましょう。

 白い被写体は暗く写り、逆に黒い被写体は明るく写るように、カメラが調整されているとすれば、白っぽい被写体はプラス補正、黒っぽい被写体はマイナス補正をすれば、良いわけです。

 
シロマイ、クロプラです。

この補正システムは、コンパクト・デジカメでも付いている機種が多いようです。
 写真は光をどのようにカメラに納めるかが勝負です。
ストロボを使ったときには、カメラから発する光を、どのようにコントロールするかが問題になります。

 マニュアル露出が出来ない機種の場合は、夜景モードで撮影するか、ストロボ設定をスローシンクロ・モードにすると上手くいくと思います。
スローシンクロ撮影とは、暗い背景に対する露出はそのままにして、人物などの近くにある被写体にはストロボを発光させる撮影方法です。
夜景モードにしても、スローシンクロにしても、シャッター・スピードがそうとう遅くなりますから、三脚を使って下さい。

 幸いなことに、デジカメは何枚撮ろうと、フィルム・カメラのようにはお金はかかりません。
何枚撮っても同じ値段です。
ですから、ストロボに強くなるには、何度も試し撮りをして、カメラのクセをつかむこと、つまりカメラに慣れることでしょう。

 カメラに搭載された液晶モニターで確認するのはもちろんですが、パソコンに大きく映し出して確認するのも大切です。
ブック型のパソコンを持って撮影に出かける時代です。
 後ろのガラスに、ストロボが写り込んでしまった。これを防ぐには、ガラスに対して斜めから撮影することです。

I SO=100の場合

  
絞り=ガイド・ナンバー/被写体までの距離

 ただし、I SO=400になったら4倍し、I SO=800になったら8倍する。
 ガイドナンバーが30のストロボをつかう場合、被写体までの距離が6メートルだとすれば、30/6で絞りは 5.0 ということになります。

 光の到達する量は距離に反比例して減っていきますから、被写体との距離が離れている場合は、ストロボの届く光量が弱くなります。
コンパクト・デジカメなどに内蔵されたストロボは発光量が少ないので、ちょっと被写体から離れただけで、暗く写ってしまうことがあります。
光とカメラの関係は、左の式であらわされるのですが、撮影の瞬間にはなかなか思い出せません。
そこで、

 被写体に近づいて撮影しましょう。  
 正面からストロボの光を当てるのは、下手な素人だという声もあります。
バウンスさせて光をまわせば、テカリは生じないから上手い写真だというのです。
確かにそのとおりで、正面から光を当てると、アゴの下や背景に影ができてしまいます。
ちょっと暗くても、三脚を立ててスローシャッターを切っておいて、あとで編集ソフトで明るく修正するという方法もありかも知れません。

 人物の撮影でストロボを使うと、ストロボの光で瞳(ひとみ)が赤くなることがあります。
フラッシュの光が速すぎて、瞳孔を閉じる時間がないため、網膜が写真に写されて赤くなるのです。
斜めから光を浴びれば、赤目になりにくいので、ストロボの正面の人だけが赤目になったりします。

 これを防ぐには、被写体がカメラのレンズを見つめないで、撮影者の肩のあたりを見るようにするとか、カメラの赤目軽減機能を使うと良いでしょう。
また、完全ではありませんが、処理ソフトで赤目を消すこともできます。

 それに対して、ストロボの光が瞳(ひとみ)に写り込むのは、ちょっと防ぎようがないようです。
眼球というように目玉は球体ですので、どこからストロボを飛ばしても、目玉に白い光が残ってしまいます。

ちょっとしたヒントになるかも
 ストロボは遠くまで飛ばない。
コンパクト・デジカメに内蔵されたストロボは、発光量が小さいものが多く、だいたい2.5〜3メートルくらいが有効な範囲です。
ガイド・ナンバーを使って、光の届く距離を計算すればいいのですが、コンパクト・デジカメではガイド・ナンバーすら判らないのもありますから、なかなかそこまではできません。
そこで、ストロボを発光させて、何度か試し撮りすることを薦めます。
この時、ストロボの発光には電池をたくさん使いますので、予備のバッテリーを持参してください。
「写真を撮ろう」のトップへ戻る