写真を撮ろう  ミラーレス・デジカメ

何を用意するか    ミラーレス・デジカメ

「写真を撮ろう」のトップへ戻る
 コンパクト・デジカメでもなく、一眼レフ・デジカメでもないデジカメが出まわっています。
その名は、ミラーレス・デジカメです。
しかも、一眼レフのデジカメとよく似た形をしているのもあります。
なぜ一眼レフと言われるのかといえば、光学式ファインダー(=レフレックスファインダー、ペンタプリズムの部分)をもっているからです。
それまでのカメラには二眼のカメラもあったので、区別のために一眼レフ・カメラと言われます。

    
 目に入る光によって、構図を決めたりピントを合わせる。
一眼レフは撮影の瞬間に、鏡が跳ね上がって光が写真になる。

左の図の青い線のように、光をぐるぐる曲がりさせないデジカメを、ミラーレス・デジカメというのだけど、 その中でもレンズ交換のできるデジカメに限って、ミラーレス・デジカメと呼ぶようです。

 光をぐるぐる回す機構は、フィルムカメラ時代には不可欠だったのですが、デジタル・カメラでは液晶モニターに表示するだけで、同じことを簡単に実現できます。
そのため、光学式ファインダーを電子ビューファインダーなどに置き換えたりして、小型化を実現してきました。

 レンズ交換ができるだけで、他はコンパクト・デジカメと変わらないではないか、と言われるでしょう。
そうなんですけど、レンズ交換ができると、レンズが売れるのですよ。
メーカーは利にさといですから、レンズ交換ができますよ、一眼レフのようですよ、といって宣伝したのです。
つまり、ミラーレス・デジとは、レンズ交換のできるコンパクト・デジカメのことだと思えば間違いありません。

 ここまで読まれれば、本サイトはミラーレス・デジカメに冷たいことが判るでしょう。
レンズ交換なんて、仕事のカメラでやれば良いじゃないですか。
さあ、楽しい写真を撮ろうとしたときに、レンズが合わないからと言って、レンズ交換しなければならないなんて。

一歩、前に出ればすむことじゃないですか。

 コンパクト・デジカメのほうがずっとお洒落ですよ。しかも、良く撮れるし……。

友人の買ったGF-3
と当サイトは考えるけど、最近友人がミラーレスカメラを買いました。その友人が言います。

実はデジダル一眼にも興味はありました。
もともとカメラは好きですからね。退職を機会に買うつもりだったんです。
でも、あの大きさ、重さ、三脚も入れたら、もう、それだけでうんざりです。 まあ、写真を撮るといっても、今の私の場合、要するに記録。
そう考えたら、コンパクトでいいや、となったわけです。
しかし、やはり不満はある。で、つい最近、このサイトでは、極めて冷たい仕打ちを受けている、ミラーレス一眼、 を買ったばかりです。ルミックスのGF3です。
最新のズームレンズ付きです。このズームレンズ、実に薄い。 コンパクトデジカメとさして変わらない大きさです。
これで充分、というのが、いろいろ検討した結果です。 私の場合は、芸術作品を撮るわけではないわけで。三脚もコンパクトなブルボン。 これなら旅行に持って行っても負担にならない。手軽に撮せる。今の私には、この方がいい、 と判断しました。

 当サイトとは、反対の意見ですね。
しかし、カメラというのは趣味のもの。いろいろな意見があってこそ楽しいです。

世界初のミラーレス・デジカメ    パナソニック LUMIX G1
 左のカメラが、ミラーレス・デジカメですが、一眼レフのデジカメと同じような格好をしていますね。
これなら一眼レフのデジカメにすれば良いじゃないですか。
しかし、友人の買ったGF-3は最新型だけあって、とても小さかったですよ。

 2008年にパナソニックが先鞭をつけ、続いてオリンパスとソニーが参入。
いずれも一眼レフのレンズを持っていないメーカーです。

 パナソニックにしても、オリンパスにしても、ソニーにしても、コンパクト・デジカメでは良いカメラを作っています。
しかし、コンパクト・デジカメは各社が同じような機種を作るから、アッという間に値崩れします。
新型機種を売りだして半年たてば、人気のない機種は半値以下です。
メーカーはコンパクト・デジカメより高単価で、交換レンズなど付属品も売れるミラーレス・デジカメへと、収益向上をねらって客を誘導しているのです。

 このサイトは、偏見と独断に満ちていると認めますが、ミラーレス・デジカメには冷たい対応です。
最近、ニコンまでミラーレス・デジカメを発売して、店頭はいよいよ混戦模様。

ソニー NEX−3K オリンパス・ペン ライト E-PL3

 ミラーレス・デジカメは、いくつか種類があります。しかし、小さくしようとする中で、交換レンズを付けるのでおかしな形になっています。
 カメラを小さくしようとする方向と、交換レンズをたくさん用意する方向は、明らかに反対方向で矛盾しています。カメラ自体は小さくなっても、交換レンズを持てば、荷物は大きくなってしまでしょう。
 

ちょっとしたヒントになるかも
 ミラーレス・デジカメに熱心なのは、一眼レフの伝統がないので、レンズを持っていないメーカーが多いのです。
ミラーレスが売れている市場は、日本と韓国など一部地域に限定されています。
そういえば、韓国のサムソンがミラーレス・デジカメの普及に熱心です。
やっぱり一眼レフの歴史を持たないので、レンズという財産を持っていないからではないでしょうか。
しかし、ミラーレス・デジカメ市場に参入したニコンは、交換レンズをたくさん持っていますね。
「写真を撮ろう」のトップへ戻る