写真を撮ろう  露出補正をしよう

撮影のとき    露出補正をしよう

「写真を撮ろう」のトップへ戻る   広告
 露出とは、明るみにもちだして、光にさらすことですね。
カメラの世界では、フィルムなどの感光部に光をさらすことを露出といい、露出が非常に大切です。
露出、つまりカメラに光を取りこむ量で、写真の出来上がりが決まってしまいます。
感光部にどのくらいの光を届けるか、それを絞りシャッター・スピードで調節しています。

 絞りを絞れば光は少なくなり、開けば光はたくさんカメラに入ってきます。
また、シャッター・スピードを遅くすれば、光はたくさん入って明るくなり、速くすれば入る光は少なくなって暗くなります。
ちょうど良い光の量を<適正露出>といっています。
    
プロの写真家は露出をはかる専門の道具(=露出計)をもっていましたが、露出計もデジカメになって出番が減りました。
広告

 フィルム・カメラの時代の話です。
露出計が内蔵されているカメラでは、絞りシャッター・スピードを決めてファインダーをのぞくと、露出が適正かどうかを示す目盛りが見えました。

 おまえさんの決めた露出では、暗すぎる(アンダー)よとか、明るすぎる(オーバー)よ、と教えてくれたのです。
それに従って、絞りをいじったり、シャッター・スピードを直したりしました。
そのため、撮ろうとする被写体の明るさには、とても敏感になっていました。

 最近のデジカメは、自動露出(AE)の機能をもっていますから、露出を考えなくても全自動(=オート)モードでバッチリの写真が撮れます。
そのため、露出に関心が低くなっているかも知れません。
しかし、撮影条件によっては、自動露出が上手く働かないことがあります。

 デジカメに内蔵された露出計は、被写体から反射された光を測定します。
しかも、グレーの反射板を自動露出で撮影したときに、適正露出となるように設計されています。
というのは、ボクたちがふつうに見る町中の、被写体の平均反射率が18%だから、18%を基準にしているのです。

 平均はあくまで平均であって、それから外れる色もあります。
白は70%くらいの反射率ですし、黒は 3%くらいの反射率だといわれます。

 白っぽいものを撮ろうとすると 70/18≒3.8 で、露出計は3.8倍も光が多いと判断します。
そこでデジカメは自動露出のメカニズムを働かせて絞ってしまいます。
ですから光が少なくって、白いものは実際よりも黒っぽく(アンダーに)写ります。

 反対に、黒っぽいものを撮ろうとすると 3/18≒0.02 で、露出計は光が少ないと判断します。
その結果、デジカメは光を取り入れて、実際より白っぽく(オーバーに)写ります。
つまり、白い紙を撮影すればグレーにあがり、黒い紙を撮影しても、やはりグレーに上がる、ということになります。
 写真は<真を写す>と書くくらいですから、実物そのものを写し撮りたいし、なるべく実際に近く撮影したいものです。
ですから、白い被写体や黒い被写体のときに、グレーになってしまうのなら、手動で何とかしようという気が起きてきます。
カメラに内蔵された露出計まかせにしないで、撮影者が調節してやろうというのが露出補正です。


 白い雪山を撮影するときには、グレーに上がっては困ります。
白い風景を撮影するときには、露出補正の必要性を理解されるでしょうが、じつはどんな被写体でも18%グレーではありません。
ですから、ほんの少しの露出補正が必要なのですが、カメラ任せでも許容範囲に入っているだけなのです。

白い紙をバックにして撮影すると
No 1 No 2 No 3 No 4
+2.0 +1.0 補正なし −1.0

黒い紙をバックに撮影すると
No 5 No 6 No 7 No 8
−2.0 −1.0 補正なし +1.0

白いバックの時には +2.0  白いバックと、黒いバックでは、ずいぶんと違うことが判ります。

 白いバックを使ったときには、カメラはNo 3 を適切と判断していました。その時の、絞り=F2.5、シャッター・スピード=1/217です。
 黒いバックに変えただけで、No 7 を適切と判断を変えています。その時の、絞り=F1.9、シャッター・スピード=1/64です。

 白いバックのほうは、明らかに暗すぎます。
そこで+2.0の露出補正をして、絞り=F1.9、シャッター・スピード=1/73 にして、光をたくさん取りこんでやります。これでグッと実物に近くなりました。

 黒いバックのほうは、カメラはかなり正確に露出を捉えています。しかし、ちょっと光を減らしたほうが良いように感じました。そこで−0.3 の露出補正をしました。すると、絞り=F1.9、シャッター・スピード=1/73 と、白いバックと同じになりました。

 白いバックでも黒いバックでも、撮影場所は同じですから明るさは同じで、カメラは同じ絞りとシャッター・スピードを示さなければならないはずです。
しかし、被写体の明るさは変わらないにもかかわらず、カメラはバックの色が変わっただけで、適正と思う露出を変えてしまうのです。

 リコーのGRV を使い、ISO感度を200にして撮影しました。
カメラは機種毎に味付けが変わっています。
そのため、自分の使うカメラの特性を知っていることも必要でしょう。

 適正露出を求めるのは、なかなかに難しいことです。
また何が適正露出かも、いろいろと論議があるところです。
しかし、露出補正をつかうとさまざまな状況、色々な目的に対処できますね。

F1.9、S=1/73

黒いバックの時には −0.3
F1.9、S=1/73

カメラや写真用品を探すなら   TAKUMI Amazon       広告
 撮影した写真をパソコンに取りこんで、画像処理ソフトでホワイト・バランスなどさまざまに修正できます。
 本サイトでも、ピカサやGIMPを紹介しています。
それはそれは便利なもので、画像処理ソフトで救われた写真がたくさんあります。

 しかし、写真の情報は、撮影時に取得したものがもとですから、画像処理ソフトの修正によって、写真に存在しない情報を作りだすことはできません。

 パソコンで修正するとは、撮影によって得られた情報を薄めたり、引き伸ばすことですから、画像処理ソフトで処理するたびに、写真はかならず劣化します。
つまり写真の質が落ちてしまいます。

 また、撮影時に適正露出で撮影したほうが、パソコンで修正にかかる時間より、はるかに短くてすみます。
ですから、撮影時に完璧な写真をとることが大事です。

ちょっとしたヒントになるかも
 一度シャッターを押すと、カメラが自分で露出を変えて、複数のカットを撮影するオートブラケット機能がついているデジカメもあります。
この機能は、自動露出で得られた露出値と、そこから露出を下げた場合、露出を上げた場合とを同時に撮影します。
そして、撮影後に3枚のカットを比べて、良いものを使うわけです。
失敗が許されない本当に仕事の時には、この機能を使うと良いでしょう。
「写真を撮ろう」のトップへ戻る