写真を撮ろう  シャッターの押し方

撮影のとき    シャッターの押し方

「写真を撮ろう」のトップへ戻る   広告
 カメラの持ち方があるように、シャッターにも押し方があります。
右手の人差し指で、シャッターを押すのですが、人差し指のどこでシャッターを押していますか。
人差し指のお腹でシャッターを押していませんか。
お腹ではなく、爪先から2〜3ミリくらい戻った部分でシャッターを押してください。
    
広告

 左の写真ではっきりわかるでしょう。
もちろん上の写真は下手な押し方で、下の写真が上手い押し方です。
答えは簡単で、力を入れる加減が調節できるのは、下の指使いだからです。

 シャッターは押すだけですが、
半押しといって、途中でいちど止める必要があります。
現在のカメラは
オート・フォーカス(=AF)といって、自然のうちにシャープな画像を撮ろうとする機構をもっています。

 シャープにすることを、ピントを合わせると言いますが、現代のカメラは自分でピントを合わせようとします。
被写体にカメラを向けただけでは、さすがにピントは合いません。

 
シャッター・ボタンを半分だけ押したときに、ピントを合わせるオート・フォーカス機構が働きます。
そして、ピントが固定されて、フォーカス・ロックがかかります。
そのままゆっくりとシャッター・ボタンを押せば、ピントの合った写真が撮れます。
しかし、カメラを構えて、すぐにシャッターを切るとは限りません。

 シャッター・ボタンを半押しにしてけれど、シャッターを切らずに止めることもあります。
構図を考えたり、被写体の様子をみたり、理由はさまざまですが、シャッター・ボタンを半押しして、一息するためには指先に力を入れなければなりません。
指先の力を抜くと、フォーカス・ロックが解除されてしまい、最初からピント合わせをし直さなければなりません。。

 シャッター・ボタンを半押しして、いちど指を止め、撮りたいものが望みどおりかを見なおして、ピントのあったのを確認してから、シャッター・ボタンを最後まで押し切ります。
このときには、上の写真ような指使いではなく、下の写真のような指使いのほうが、上手くシャッターを切ることができます。 

 オート・フォーカスは金網越しとか、手摺りなどは苦手。
 カメラが勝手にピントを合わせてしまうのは、ちょっと困りもの。
 一眼レフ・デジカメなら、オート・フォーカスを解除して、自分でピントを合わせることもできます。
しかし、一部の機種のコンパクト・デジカメでは、オート・フォーカスになってしまい、手動でピント合わせはできません。
 オート・フォーカスが働くのは、モニターの中央が一番強力です。
撮りたいものにカメラを向けたら、シャッター・ボタンを半押しにして、フォーカス・ロックを働かせます。
フォーカスが決まると、ファインダーそばのランプが点くかブザー音がします
その構図で良いことを確認して、というか、自分が納得したらシャッターを押します。

 シャッター・ボタンを半押しにしたまま、カメラの位置を右か左にちょっとズラしてみてください。
人差し指のお腹で押している人は、ここで指先から力が抜けてしまいます。
するとフォーカス・ロックが解除されて、もう一度ピント合わせをすることになります。
フォーカス・ロックを使うためには、下の写真のような指使いのほうが良いのです。
ぜひ試してください。
 カメラの機種によって違いますが、ファインダーのなかにピントがあった部分を示す印がでます。
上の図のような印がでた場合には、3つの四角い印の部分のピントが合っています。
 この印を保ったまま、カメラの向きをズラすのには、指先に力を入れたままにしますから、ちょっと慣れが必要です。
カメラや写真用品を探すなら   TAKUMI Amazon      広告
 A のところでシャッター・ボタンを半押しにして、カメラを B のところへとズラすと、A で決めたピントが B でも維持されている。

ちょっとしたヒントになるかも
 シャッター・ボタンを半押しにして、一呼吸おいてから、シャッターを切る習慣を付けましょう。
その間、息を止めてみてください。そして、じっと被写体に注意を注いでください。
左手の人差し指の先だけに力を入れ、脇をしめて息を止めてシャッターを切る。
これだけで、あなたの撮る写真は、グッと上手になっています。
そして、
一歩前に、を思いだしてください。ではまた。
「写真を撮ろう」のトップへ戻る