写真を撮ろう  カメラの持ち方

撮影のとき    カメラの持ち方

「写真を撮ろう」のトップへ戻る    広告
 多くの人は、カメラを両手で持つでしょう。
右利き用と、左利き用のカメラがあればいいのですが、シャッターは右手の指で押す位置についています。
そのため、左利きの人も右指の人差し指でシャッターを押すことになります。

 では、誰もが同じように持っているでしょうか。
カメラの持ち方は些細な問題に思えるかも知れません。
しかし、持ち方は基本中の基本で、持ち方によって撮れる写真に大きな違いがでてきます。
    
不安定なカメラの持ち方            広告

  おそらく多くの人が左の写真のように持っているでしょう。
でもこれでは不安定で、シャッターを押したときに、カメラがブレます。

 脇が開いています。
しかも、両手を同じように使っているため、右手の押す動作を、左手がカバーできません。

 シャッターを押すと、左手首も一緒に下に動いてしまい、どうしてもブレてしまいます。
一眼レフのデジカメは重いのでブレにくいのですが、コンパクト・デジカメは軽いので、とてもブレやすいのです。

 
正しい持ち方です。
下の写真を見て下さい。
まず、左手にストラップを潜らせて、左手の親指を立てた形にして、手の平を見ます。
 撮影中に人がぶつかったりすると、カメラを落としやすいので、ストラップは必ず使いましょう。

 これで手の平が
字型になったことと思います。
Lのうえに、つまり人差し指の上に、カメラを乗せます。

 右手をカメラに添えます。
右手はカメラを支えるのではなく、そっと添えるだけです。
そして、人差し指をシャッターにのせます。
こうすれば、シャッターを押す動きと、左手が同調してブレることがありません。 
広告
縦位置の時

 横位置でも、縦位置でも、まず左手でカメラを支えることです。
そして、右手は添えるだけで、人差し指の指先でシャッター・ボタンを垂直に押します。
指のお腹で押すのではなく、指先で軽く押します。
 
 この持ち方は、
シャッターを押す力とカメラを持つ力が、互いに打ち消すようにはたらくので、カメラがブレないわけです。
 そして、脇をしめて息を止めて、シャッターを押して下さい。
これでブレません。

コンパクト・デジカメこそ、基本に忠実な持ち方を心がけて下さい。
身体の構え方も参考にすると、バッチリです。

ちょっとしたヒントになるかも
 撮影に集中しているので、あたりへ神経を払わなくなりがちです。
もう少し後ろへ下がれば全体が入ると思うと、ついそのまま後退してしまいます。
これは危険です。
人にぶつかったり、柵にぶつかったり、ひどいときは池に落ちたりします。
後退するときは、一度カメラから目を離し、後ろを確認してください。
カメラや写真用品を探すなら   TAKUMI Amazon
「写真を撮ろう」のトップへ戻る