写真を撮ろう  デジカメを使うときに

写真全般について
 上手い写真より、おもしろい写真を、良い写真を → ほんとうに考えると

撮影について
全自動(=オート)で
カメラの持ち方
身体の構え方
構図から解放される
シャッターの押し方
シャッター・チャンス
同じ写真を2枚撮る
ミニ・スタジオを作る
ライティングしよう
露出補正をしよう
ホワイト・バランス
何を用意するか
コンパクト・デジカメ
一眼デジカメ
ミラーレス・デジカメ
三脚・一脚・雲台
交換レンズ
ストロボ(フラッシュ)
パソコン必携
ピカサをつかう
機材の保管
カメラについて
液晶モニター
ファインダーの全体
ピント(フォーカス)
露出を考える
シャッター・スピード
絞りとは
優しい被写界深度
ISO感度
ソニー DSC-RX100
レンズについて
単焦点レンズ
ズーム・レンズ
標準レンズ
広角(ワイド)
望遠(テレ)
焦点距離
撮影のあとで
写真を選ぶ
GIMP
トリミングする?
プリンター
インクが高い
予備バッテリー
印画紙
モノクロ
DPEにだす
フォト・フレーム
ネットに上げる
写真展をする

管理人へメール

写真用語集
フィルム写真に遊ぶ
 カメラを構えてシャッターを押す。全自動(=オート)でいきましょう。

       
ちょっと待って下さい。

カメラの持ち方が違います。それではブレブレの写真になってしまいます。
初心者は、気が付かないうちにカメラ・ブレとかシャッター・ブレをやっています。
今のカメラには手ブレ防止機能が付いていますが、それでもカメラ・ブレとかシャッター・ブレを起こさないにこしたことはありません。

 では、どうするか。
まず、脇を閉めて下さい。
左手でカメラを支え、右手でシャッターを押すでしょう。そのとき、両腕の脇をぐっと絞って下さい。両肘が付くくらいに脇を閉めましょう。身体の構え方がグンと良くなりました。

 これだけでブレが大きく減ります。
そして、右手の人差し指の先だけに力を入れて、そっとシャッターを押しましょう。

 プロはもう一つやっています。
それはシャッターを切るとき、息を止めることです。

 
左手の人差し指の先だけに力を入れ、脇をしめて息を止めてシャッターを切る。

 ウソのような話ですが、これでもう手ブレ、カメラ・ブレ、シャッター・ブレから卒業です。
        広告
 今、流行の一眼デジカメも、コンパクト・デジカメも基本は同じ。一眼デジカメは、カメラが重いので手ブレしにくいけど、コンパクト・デジカメは軽いので、ブレないように一層の注意が必要です
 何を撮りたいか。これだけはボクも助言できません。
撮りたい物が決まったとして、カメラを構えて下さい。
でも、シャッターを押すのは、ちょっと待って下さい。

 
一歩、前に出て下さい。

とにかく一歩前に出て、被写体に近づいて欲しいのです。

 初心者が陥る2番目の悩みは、思ったシーンと撮れた写真のイメージが違うというものです。
肉眼で見る風景は、思ったより大きいものです。そのため、被写体までの距離がイメージできないのです。
自分で適切だと思う距離では、イメージする写真には撮れません。

 カメラを構えた位置から、一歩、いや二歩くらい前に出たほうが、イメージに近い写真になります。
騙されたと思って、前に出て下さい。
心配なら、一度シャッターを切ってから、前に出た位置でもう一度シャッターを押して下さい。
かならず納得されるはずです。

くわしくは、カメラの持ち方身体の構え方をみてください。
広告  
 人物などの被写体を、写真の中央に配置する構図は日の丸写真とか言って、初心者の撮る写真だと言われます。
しかし、有名な写真家も日の丸写真をたくさん撮っています。

 ボクは 6×6 という正方形のフィルム・カメラを使っていましたが、中央に人物をおいて撮ってきました。
それでお客さんも充分に満足してくれました。

 構図というのは、それぞれのカメラ・パーソンが固有に持つスタイルです。
何枚も写真を撮っていくうちに、自然とスタイルができていきます。
カメラの出っ張った部分がすり切れるまでは、構図を気にする必要はありません。
とにかく自分の関心に従って、シャッターを押し続けて下さい。構図から解放されましょう
 カメラがじっくりと手に馴染む頃には、かならず自分のスタイルができていきます。
ですから、そんなことは気にせずに、どんどんシャッターを押して下さい。

 左のカメラはボクが使っていた マミヤ6 というカメラです。
弁当箱のような形で、撮影の時にはレンズを引っ張り出して、撮影が終わってバックにしまうときにはレンズを押し込みます。
屋外では絞りをF16にして持ち歩いていました。急ぎの時は、ピントを合わせるだけでシャッターを切っていました。
それでも、ブローニー・フィルムを使うために、撮れた写真は滑らかな粒子のしっとりしたものに仕上がりました。